骨盤ベルトで腰にかかる負担も軽減

開いた骨盤は産後1週間〜10日程度で徐々に元通りになり、骨盤の開きに関しては出産時にピークを迎えます。
歪んだ状態となってしまっていますので、この期間に正しい姿勢で生活をしなければいけないのです。

 

徐々に減少していくことに一般的に妊娠中に増加してしまった体重というのはなり、元のスタイルに戻すのが骨盤が開いた状態が続いてしまうことで困難となってしまうのです。
身体を痛めることが無いために産後などに骨盤ベルトを利用して日々の生活を送っている女性が多くいるのです。
今日本全国に数多くのエステが営業をしていますが、まずは信頼出来るエステを探すことが大切です。
また価格もエステによって異なっていますので、比較サイトなどで確認をしておくと良いかもしれませんね。 ダイエットの効果だけではなく、骨盤ベルトを上手に利用することで、腰にかかる負担を軽減させることができるのです。
産前や産後の腰痛に悩まされている方から、骨盤ベルトは非常に注目を集めているのです。

教習所 合宿
http://www.menkyo-concierge.jp/



骨盤ベルトで腰にかかる負担も軽減ブログ:20170609

人間誰しも「思いこみ」と言うものがあります。
実はこれって意外といろいろなことが当てはまるんです。

「午後正午が近くなるとお腹が空いてくる」
これも「思いこみ」の場合が多いです。

例えば…
9時AM9時ごろに9時食を食べたら、
ほとんどの場合、お腹は空いていないと思います。

しかし子供の頃からの生活習慣で
「正午になったら午後食」という風に教え込まれています。

だから、お腹が空いていないにも関わらず、
正午になったら食事がしたくなるのです。

三時のおやつもしかりです。

午後1時近くまで食事をしていたのなら、
午後三時は食事後2時間程度しか経過していません。
2時間程度なら、さほどお腹は空いていないはず…

でも、「三時の時計」を見ると「あ、おやつの時間だ」と思い、
それによって本来はお腹は空いていないのに
食欲が出てくるのです。

実際にはお腹が空いていないのに、
思いこみによる食欲はまだまだあります。

・テレビのCMやグルメ番組を見る
・街角で美味しそうな匂いが漂う
・美味しそうな高級肉のステーキの看板を見る
・飲み会の後はとんこつラーメンで締める…

などなど、
慣習や情報で食べたくなる食欲ってたくさんの場面が挙げられます。
これを「認知性食欲」と呼ぶそうです。

一方、
人間が栄養不足になって、お腹が空いて出てくる食欲は、
「代謝性食欲」と呼ぶそうです

現代の飽食の日本において、
本来の「代謝性食欲」が起こる場面はさほど多くありません。
そうなる前に「認知性食欲」で食べてしまっているからです。

シェイプアップをうまく進めるコツは、
この「認知性食欲」をどうコントロールするかということが
大きな成功のカギなんですね。